MY映画ランキング

勝手に映画ランキング2019年

2020-01-20

2019年映画ランキング

2019年は仕事が忙しすぎて映画なんてまじで見る暇なく、9本しか映画を観ることができませんでした。

この記事は完全に自分の記録用…完全なる自己満です(^^)/
ランキングは独断と偏見、ホラー好きなのでかなり趣味が出ていますがご了承ください。

2019年に観た映画ランキング

1位「ジェーン・ドゥの解剖」

『解剖シーン』『美しい遺体』『身元不明』…このキーワードだけでもう設定は100点満点じゃないですか?絶対に興味そそられますもん。解剖シーンでは、骨を切る音、内臓を触る音とかがリアルに響くのでリアルで耳にグロイです。そして、めちゃめちゃ怖い!!でも知りたい!!君(ジェーン・ドゥ)のこと…!!

2位「後妻業の女」

金のために男を選び、金のために結婚し、金のために殺そうとする小夜子さん。まるで鬼のようでありますが、不謹慎ながらもコミカルに爽快に描かれているので、割と気軽に楽しめちゃいます。そして、鬼の目にも涙というか、小夜子さんも「女」なんだなっていう展開もあって…落ち込んでる時にみたら元気すら出るんじゃないかって思えてしまうほど。

3位「ジグソウ:ソウ・レガシー」

2004年の第一作目から人気シリーズのついに8作目!毎回お楽しみの殺人マシーンがほぼ想定内であり、逆に初めて見る人にとっては見やすいかもしれません。しかし!
そこはこれまでのファン心をくすぐる部分もしっかり用意されており、しっかりとシリーズ集大成という内容になっているので必見間違いなし。13年かけて8作も続いた名作シリーズ、ホラーファンならマストでは?

4位「サバイバルファミリー」

「全てがオフになると、人間がオンになる」督は、スウィングガールズ、ウォーターボーイズを手掛けた矢口史靖。あくまでコメディタッチの中、家族の絆や試練を描いてる。さっくり気軽に観れるパニックムービーでした~

5位「ザ・ボーイ 人形少年の館」

ザ・ボーイ 人形少年の館

ホラー映画に欠かせない”怖い人形”の新たなスターブラームスくん。だんだん忍び寄る恐怖、そして一切微動だにしないブラームスくん。そして最後はホラー映画禁じて!?のまさかの結末がーー!そんなん、ありですか!w

6位「闇金ウシジマくん Part3」

ある意味でホラー映画より怖いと思いながらいつも見てるウシジマくんシリーズ。金が全てなのに金には代えられない何かを教えるウシジマくんかっこいいっす。

7位「グッドモーニングショー」

無邪気な小悪魔、長澤まさみを眺めて楽しんだ~。中井貴一さんのコミカルな演技いいね。気軽に観れるこのテンションの映画ってたまにすっごく恋しくなるー。

8位「戦慄病棟」

「退院したい!退院したぁぁぁぁぁい!!!」のパッケージでおなじみ(なのか?)の戦慄病棟!なんで廃墟でビデオ見れるねん笑!歯ブラシもメチャ笑った笑笑 突っ込みどころ満載のおもしろC級ホラーでした。

9位「7Wish セブン・ウィッシュ」

いじめられっ子の主人公が怪しいオルゴールを手に入れてから、願い事が次々かなっていじめっこを退治していく様子はスカっとするものの、そこはホラー映画、人を呪うということはただではすみません(T_T)

まとめ

たった9本しか映画を見なかった1年をふと考える。「ジェーン・ドゥ」と「ジグソウ:ソウ・レガシー」はいいとして、その他のタイトルについてはこれだけ観た本数が少ない中で、なんでこれらを選んだんかって究極のミステリーが解決しないままである。

とにかく、この歳になってつくづく思うことがある。それは、しばらくサボっていたとしても、いつか記入すると信じて家計簿のために領収書はとりあえずとっておくべきことと、どんなに映画熱が低空飛行しててもレビューは一言でもいいから書いておくことだ。

何を言ってるのかよくわからないですが、この記事が少しでも映画鑑賞のきっかけになったらとても嬉しいです!

では、今年も共によき映画ライフをおくりましょう〜(^o^)

-MY映画ランキング