【#5】映画ひとこと手記。〈映画10作品短文レビュー〉

【#5】映画ひとこと手記。〈映画10作品短文レビュー〉
Aoringo

こんにちは、Aoringoです。
なかなか1作品を掘り下げるレビュー記事を書く時間がとれないため、毎回10作品の短文レビュー記事をかいていってみることにしました、第5弾。

先日今年初のデイキャンに出かけてきました。平日だったのでガラガラでしたが終末はどこも予約で埋まってて、今年もキャンプは大人気のようですね( ˘ω˘ )予約が取れないのはツライですが…。

そいえば、キャンプを題材にした映画ってどんなんがあるのかな。また調べて観たいと思います。

それでは今回も誰が得する短文レビューです。

アオリンゴ
アオリンゴ

ひとこと手記は普段以上に語彙力と洞察力がないので予めご了承ください。

Disney+

ホラー映画ひとこと手記。

鬼龍院花子の生涯(1982)

Filmarksユーザーさんたちのレビューが素晴らしくて読みいってしまいました(笑)結局最終的には、鬼龍院花子の生涯花子たるや?相応しいのは?みたいなことなのかな。
夏目雅子さんの美しさには息を呑みました。伝説の女優と呼ばれるのも納得、儚さと力強さが同居する不思議な魅力。夏木マリさんと岩下志摩さんの姐さんも迫力ありました。何よりも着物の合わせ方、着こなしがかっこよすぎる!!着物を着ての所作の一つ一つが、ほんとに着物好きとしては唸るものがありました。この時代の作品をもっと見たいです。

それにしても実話とは驚き!悲しい時代でした。。運命を受け入れながらも自分を曲げずに生きていく、当時はそうして歯を食いしばりながら生きる女性がたくさん、いたのでしょう。思いを馳せてしまいます。

しあわせはどこにある(2014)

精神科医のヘクターが幸せとはなにか?を探しに旅に出るおはなし。

幸せとは、不幸を知るからこそ体感できるものである。そして、はじめから近くにある。

この映画の中ではヘクターは世界を旅して様々な体験と出会いを通じそこに還ってくる。おそらく、誰もがその類似体験を経験することがあるはずだが、その見つけたささやかな幸せを持続させることは、また別の才能なのよね。

やさしい本泥棒(2013)

ナチス政権下のドイツ。
戦争。

日本と同じ敗戦国の歴史を持つドイツの戦争記は我が国と通じるものがある。
悲しい時代のなかでも、わずかな希望を見失わないこと。音楽やものがたりが、絶望の中に彩りを与えるのだなと思った。

戦争は悲しみしかなく、恐怖政治の独裁政権の恐ろしさをあらためて見て、今私達が当たり前に享受している民主主義、それがなんやかんやで正常に機能している日本の現代の有り難みを、わたしたちは知るべきだ。

映画を通して、強く美しく育っていく主人公の姿と甘酸っぱい恋など青春の雰囲気も味わえます。

優しいパパ役のジェフリー・ラッシュは、パイレーツ・オブ・カリビアンのあの海賊さんなのですね!( +,,ÒㅅÓ,,)=3

グーグーだって猫である(2008)

ゆるーい雰囲気なさのなかで、誰もが抱えることがあるだろう不安や虚無感、日常の中の小さな笑いが共感できる。猫は、ただかわいい。現代版ならぜひ、ペットショップではなく保護施設からが迎え入れる描写を期待したいけどね。

タッチ(2005)

長澤まさみが可愛かった記憶。あとはイケメンで双子のキャスティングはミラクルだとおもいます。

ジョゼと虎と魚たち(2003)

2回目、見て感想。
ごくふつうの大学生で女の子とセックスもできる、友達もいる、いわゆるリア充の男の子。けれどジョゼに惹かれるわけは、それだけでは満たされないなにか、をそこに見出したからだろうとおもった。

ジョゼとの短い恋は、二人の若者の心に何を残したんだろう。ジョゼの凛と生きるラストのシーンには、それが悪いものではなかったのであろうことが感じられました。

犬童監督の作品は好きです。
あのラブホいってみたいな。笑

HK 変態仮面(2013)

鈴木亮平の肉体美を満喫できます。めちゃくちゃきれいに筋肉ついてて最高♡とりあえず変態持論を展開する安田顕さんの演技に感動して泣きそうにすらなりましたw

当時マンガでやってたときジャンプ現役だったはずなんですがあまり内容は覚えてなかったので新鮮でした。
「それは、わたしのおいなりさんだ」
変態仮面に変身したあとのセリフの感じも違和感なくて面白かったです。アホや〜ってかんじで、ケラケラ笑いながら見ました。次回作がかなりいいみたいなんで期待です。

小さいおうち(2013)

美術と衣装だけで高評価。昭和初期のモダンな建築、家具、雑貨をみてるだけでホクホクするし、松たか子さん演じる奥様の日常の着物の着こなしとスタイリングは、上品でカジュアルでうっとりします。
ある次期を境目に洋服もとりいれられたり、戦時中の時の流れも感じました。

レトロ&着物好きとしては視覚的に満点だしたいくらい大好きです。

舟を編む(2013)

これはきっと原作がすごく面白いに違いない!と思うので本のほうも読むことにします。

静かな映画だったけど、登場人物の感情やなにげないセリフがしんしんと、心に降り積もってじわっと広がるような、あったかくて“まじめ”な映画。

海月姫(2014)

菅田将暉くんの美しさと、長谷川博己さんのスーツ姿を堪能できる素敵ムービー!!!!

原作の雰囲気、ここまで再現下のはすごいなあ、と役者の皆様の表現力に脱帽!篠原ともえなんて、あんなにキレイな人なのに最後まで気づかず笑

物語的にはよくあるかんじだけど、コンセプトはクラゲとオタク。オタクのカテゴリーが、さすが東村アキコ作品だけあって、ツボついてますよね、最高。

個人的には変態仮面の母役からの流れで片瀬那奈さんの女優としての底力に期待してますw

以上、一言レビュー第5弾でしたっ。
今回は邦画が多い内容になった!邦画好きなんですよ、とくに原作があるやつ。小説とか漫画とか好きだから映像化されるのはシンプルに嬉しいし興味があります。

邦画でとくに好きなのは、犬童一心監督のような空気感。あとは「ちいさいおうち」みたいな昭和初期〜戦後あたりを描いてる作品。着物も建物も当時の雰囲気がツボなので。

ホラー映画は別ブログでやってるので基本省いてますがよかったら遊びにきてください!

映画の鑑賞記録ならFilmarks

映画の鑑賞記録を残す最高のアプリはFilmarks
私はこのアプリに出会ってから映画を観ることがさらに楽しくなり、また見たい映画を探すにもとっても便利な、映画好きならマストなアプリです。

上映中の映画だけでなく、配信中の動画配信サービスも確認でき、自分の鑑賞記録はジャンルや配信媒体、年ごと月ごとでグラフ化もされます。

まだ使ったことのない方はぜひ使ってみてほしいです!

映画を観るなら絶対にU-NEXTがおすすめ!
U-NEXT

国内動画配信数No.1 !!

U-NEXTなら観たい作品が見つかる!ドラマ、雑誌、コミック、アダルトまでコンテンツ数が圧倒的!

About this blog

CinemaLoveについて

当ブログではおすすめVODの最新情報おすすめ作品、管理人の映画レビューなどをマイペースにお届けしています。

Twitterでは最新記事のお知らせや映画のことを呟いてます。フォローお待ちしています。

ホラー&クライム系専門ブログ
ホラー好きな方はこちらも遊びにきてね。

アオリンゴのホラー映画研究所

ではでは~

ABOUT ME
アオリンゴ
アオリンゴ
映画好き会社員
年間50~300本の映画やドラマを観てます。VODサービス情報やマイペースにレビューを書いてるの個人ブログです。
記事URLをコピーしました